トイレでよく見かける水漏れのトラブル

トイレでよく見かける水漏れのトラブル 水漏れというのは、水を使用しているところであればどこでも発生する可能性があるのです。風呂場やキッチンだけではなく、トイレでも発生する可能性があるでしょう。一軒家の場合には、トイレと風呂場が別々になっているのが一般的ですが、集合住宅などはトイレと風呂場が一緒になっているユニットバスも多いです。ユニットバスは風呂に入るときにもトイレに水がかかってしまうので、その分劣化が早くなる場合があります。特にパイプの接続部分などは水漏れが発生しやすいので、修理をしてもらうこともあるでしょう。タンクにも水を常にためている状態なので、水漏れしてしまう箇所が他のところよりも多くなるため、注意してみる必要があります。

■よく発生する便器の詰まり

トイレでよく発生するトラブルといえば、詰まって流れなくなってしまうトラブルです。理由はトイレットペーパーを大量に流すことや、ティッシュなど普通は流すべきではない物を流してしまうなどが挙げられます。特に公共のトイレなどには、マナーの悪い人がガムを捨てたり、タバコの吸い殻を流すような行為も行うので、より詰まりやすいと言えるでしょう。もし詰まって水が流れなくなった場合には、水が溢れ出してしまうので、早急に修理をしないといけません。特に配管にこびり付いてしまった場合には、そう簡単に落とすことができませんので、業者に依頼して配管を交換する必要が出てくるでしょう。流れが悪くなってきた時点で早めに修理を依頼するべきです。

■便器の破損
通常便器というのは陶器で作られています。陶器は長持ちするという特徴がある反面、破損するとその場所から一気に水が流れ出てしまうことがあるのです。特に近年は地震が多くなっているので、強い揺れによって破損してしまう可能性もあるでしょう。このような場合には、自分自身で修理をすることはできません。部分的に補修することも不可能なので、便器自体を交換するようになるでしょう。かなり高い料金が必要になりますが、そのまま水が漏れている状態にしておくわけにはいきません。できる限り早く対応してくれる業者に依頼して、早急に交換をしてもらわないと、生活にも支障が出てしまいます。トイレの修理に実績のある業者に依頼することをおすすめします。

■パイプのトラブル

トイレというのはタンクと便器がパイプによって繋がっているタイプが多いでしょう。このような場合、便器やタンクの不具合が発生することもあるでしょうが、パイプのトラブルも多くなっています。パイプはそう簡単に詰まることはありませんが、トイレ 水漏れが発生する可能性は、他の部分に比べると多いと言えるでしょう。もしパイプから水漏れが発生している場合には、ナットが緩んでいないか確かめておくことが重要です。ただ緩くなっているだけであれば、自分でも修理をすることが可能ですが、別の理由で発生している場合には、自分で修理をするのが難しくなります。このようなときには無理をして自分で直そうとしないで、業者に依頼して修理をしてもらうようにしましょう。

■まとめ
トイレで水漏れなどのトラブルが発生する原因としては、便器とタンクの繋ぎ目に使用しているパイプ、便器のどこかが破損している、タンクのどこかが破損しているといったことがほとんどです。他の部分が原因で水が漏れることはあまりありません。通常はバルブを閉めると水を止められるように設計されていることが多いので、まずは水の流れを止めて、タンクの中の水も流してしまいましょう。これで修理業者がくるまで待ち、しっかりと直してもらいます。自分で直そうとしても難しい場合が多いので、無理をして酷くしてしまうよりも、業者を頼るべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース